上手な離婚話の切り出し方について

犬01離婚話の切り出し方一つでトラブルになることもあります。
出来るだけうまく切り出すようにしてください。
いきなり何も脈絡もなしに離婚の話を持ちかけるのはよくありません。相手からしてみれば予測もしない離婚の話ほど恐ろしいものはありません。
ですのでまずは離婚を言い出すかのような雰囲気を出すようにしてください。
あまり笑顔で接しないとか、あるいは夜の生活を拒むなどです。
このようなことを続けていくことによって気持ちの変化を感じてくれます。
そこでやっと切り出すのです。
この時にはもしやと相手も思っていますのでそうショックを感じることはありません。
嫌な予感をさせておくことがとても重要になります。
ケンカをしたときに切り出すようなことはしないでください。これは後悔の原因になってしまいます。冷静になって考えてみれば離婚をしなければよかったということになります。
まずは些細なことからはじめてください。
メールの返答などをするときにも極力絵文字などを使わないというのも方法です。
うまく切りだすことができても相手が離婚したいと思っていない場合にはやはりショックは与えてしまいますがダメージは最小限になります。
自分のためにも相手のためにも話をするときにも注意が必要です。